新潟市あい&あい ブライダルプロデュース

お気に入りに追加

先輩カップルの結婚式

吉田 佑太さん&愛さん ■挙式/越後一宮 彌彦神社 神前式  ■披露宴/志の宿 島屋 大広間  ■ゲスト数/21名

越後一宮 彌彦神社 鳥居

一の鳥居をくぐり家族と親族と共に彌彦神社を目指し参道を歩く

越後一宮 彌彦神社

越後国一宮。越後平野の中央にそびえ立つ霊峰弥彦山の麓に鎮まります彌彦神社は、古来から人々の信仰を集め、万葉の昔から「おやひこさま」の愛称でひろく呼ばれています。

高砂にそろうふたり

親族の拍手に迎えられふたりが入場

祝宴の始まりを告げる鏡開き

「予想以上のインパクト!升でお酒を飲む雰囲気も空間になじみ、取り入れて正解でした」と佑太さん。

お色直し後、館内でスナップ撮影

会場からの祝福の色紙を持ってワンショット!粋なはからいと心のこもったもてなしに感動。

急きょロケーションフォト

ライトアップされた庭園の美しさに魅せられてカメラマンに撮影を依頼。ゲストを見送った後、急きょロケーションフォトを行った。

お二人からのコメント

会場を決めた理由は?
風情ある建物と竹林 フクロウを見て即決
「おいしいと評判の料理はもちろん、重要文化財にもなっている雰囲気のある建物と、竹林の庭にひと目で魅せられました。また、見学の際、運がいいと見られるという野生のフクロウに出会い、縁を感じたのも決め手でした」

結婚式を挙げた感想!
「当初は結婚式を面倒と感じていたものの、プランナーさんのおかげでストレスのない準備期間を経て理想を実現できました。両家の交流はもちろん、親戚が久々に顔を合わせる場ともなり、やってよかったと実感。終始楽しく初体験尽くしの一日を満喫しました」

担当プランナーからのコメント

あい&あい ブライダルプロデュース 小林

慣れ親しんだ顔ぶれで 会話と食事を楽しんだ祝宴
憧れの彌彦神社で式を挙げ、ほど近い岩室温泉で祝宴を行ったふたり。
築260年の趣ある旅館に親族だけを招き、しっとりとしたくつろぎの時を刻んだ。
料理自慢の会場で、慣れ親しんだ顔ぶれで美食を楽しみ、両家親族の交流を深めるのがこの日のテーマ。
そのため、演出は最小限に抑え、和婚にぴったりな鏡開きで和やかな時間にアクセントを添えた。
「私たちの場合は相性のいいプロデュース会社との出会いがカギ。担当プランナーの提案により、理想的な結婚式を実現できました」と満足の一日を過ごした。