TOP / 結婚式準備Q&A / 引出物のこと

結婚式準備Q&A編集部に届いたよくある質問をまとめました。THE・花嫁の質問

引出物のこと

 「松の葉」「籠盛」は、必ず付けた方がよいものですか?
 「松の葉」「籠盛」は、必ず付けなければいけないものではありません。両家のご両親とご相談して、決めてもいいと思います。ただ、地方によっては引出物の量を重視するところもあります。地元の風習など、周囲の人(式場担当者に聞くのがイチバンいいかもしれませんね)に聞いてみてはいかがですか?
 引出物に「籠盛」「松の葉」というものがありますが、どのような由来でどんな意味なのか教えてください。
 「松の葉」は、「名刺代わり」といった意味を持つ、タオルや風呂敷などのちょっとした贈り物のことです。新潟では、古くからの習わしとして新郎・新婦の名前で贈ります。最近では、席札代わりにゲストの名前入りラベルが付いた小さなワインボトルを置き、式が終わったら持ち帰ってもらい、松の葉代わりにするという、洒落た演出も好評です。
 「籠盛」というのは、食料品を籠に詰めたもののことです。おかしら付きの鯛、赤飯、かまぼこなど、昔は必ずそういったお土産がついていたものです。


松の葉(イメージ)。手配をお願いできるショップはこちら⇒
  引出物の記念品を「商品券」にしても失礼に当たらないものでしょうか?
 結論から言ってあまりおすすめできません。引出物とはつまり「贈り物」。おふたりの結婚をお祝いに集まってくれた人達に対するお礼と感謝の気持ちを品物に変えて贈る物です。商品券は言わば金券。現金と同様の意味を持ちます。しかし、昔から目上の人にお金を贈るのは失礼とされていることを踏まえて考えれば、やはり商品券も失礼に当たるといえるでしょう。
 引出物の選び方が全然わかりません。しきたりや決まりごとってあるんですか?
 引出物は地方や家庭によっても、考え方が違うもの。一般的には「記念品+引菓子」と言われていますが、地方によっては、松の葉や赤飯、篭盛、折詰めなどを付けるケースも。最近はふたりの意志で自由に引出物を決める人たちもいるようですが、後々もめたりすることのないように、最初に両家できちんと話し合っておくのが無難
 引出物は親族と友人と別にしてもいいの?
 もちろんOK。ゲスト全員に喜んでもらえるものと考えれば、別々になる可能性もあるはず。[こまちウエディング] 読者の体験談でも、親族と友人は別々の引出物を付けたという声も多くあります。ただし、あからさまに引出物の入ったバッグの大きさが違うとゲストに不愉快な思いをさせてしまうことがあるので、大きさはそろえたほうが無難です。
こまちウェディング編集部に質問する

<< お役立ちコンテンツTOP