TOP / 結婚式準備Q&A / 結納のこと

結婚式準備Q&A編集部に届いたよくある質問をまとめました。THE・花嫁の質問

結納のこと

もうすぐ結納をするのですが、しきたりが全然わかりません。
結納専門店さんによると「こうでなくてはいけない、という決まりはないので、両家で話し合いをするのが一番」とのことでした。お金のことなど話しにくいこともありますが、一生親戚付き合いをするのですから、そのくらい話せる間柄になった方がいい、チャンスだと考えてください。また結納は、家と家との結びつきを重視する昔ながらの風習にならって行うものなので、親に主導権を預けた方がいいと思います。新郎家は「こんなつもりでやった」ことも、新婦家は「そういう意味だとは思わなかった」など、行き違いのトラブルにならないように
結納返しはどうすればいいの?
正式には新婦家も結納品をそろえて、結納金の半額の「お袴料」を揃えます。また、結納品は揃えずに受書(ちゃんといただきましたという領収書と考えてください)と結納返しを用意する方法もあります。結納返しは、品物でも現金でもOK。品物を入れた箱の上に服であれば「御洋服」として両親もしくは本人の名前を書いた折り紙を乗せます。現金の場合の表書きは「寿」。結納金の額によってどの程度のお返しをすべきか一概に言えないので、両家の話し合いで決めておく必要があります
結納しない場合、結納金はどうしたらいいの?
最近は結納をしない場合でも両家の顔合わせのため、簡単に食事会などをする人たちも多くいます。結納金については両家で話し合って決めましょう。「結納の儀式はしないけど、支度金として結納金は納める」という習慣の地域や家もあります。当人たちの状況を考慮して、両家で話し合って無理のない額を設定するのがよいでしょう。
結納金を入れる袋は普通のお祝い用の袋で、いいのでしょうか?また、表に書く字は何と書けばいいのでしょうか?あと、裏には入れた金額を書いた方がいいのでしょうか?
結納金を入れる袋は、普通のお祝い用の袋で大丈夫です。ただ、水引きは「結び切り」など結び目がほどけない物を選んで下さい(わからない場合は、お店の人に聞くのが一番)。
表書きは地域によって異なりますが、新潟市では男性から贈る場合は「御帯料」、女性から贈る場合は「御袴料」と書きます。金額は内包の裏に記入します。
新潟県の標準的な結納が知りたい!
新潟県内でも地域によってしきたりが違うため、これが標準的、というものがありません。ただ、最近は(全国的な傾向で)仲人を立てないケースがほとんど。また、結納金も結納飾りもなしで両家顔合わせを兼ねた食事会を催す人も多いようです。結納というのは、婚約を交わす儀式の場。正式なスタイルであっても、略式であっても、食事会だけでも、両家で話し合って決めたスタイルであれば問題はないと思います。
昔は、結納は新郎家が新婦家へ行き、新婦家で執り行いました。もちろん、今でもそういったスタイルで行うカップルも大勢います。結納飾りは9品目が正式。略式になると7品目、5品目になります。中越地区では「お茶」も加わるみたいですね。地域によって内容が変わりますが、女性側のしきたりに合わせるのが一般的のようです。
こまちウェディング編集部に質問する

<< お役立ちコンテンツTOP